忍者ブログ
                            

現代ソーサリア人には癒しが足りない!(主に僕に)


この依頼、最初は僕が動けなくて知り合いの内装お姉様(83歳)に突き刺さったが
どうも難儀しているらしく、時間的猶予と別件との兼ね合いで手を出すことに。

内部にはある程度のスペースが必要との注文なので広めに取らなくてはいけない。
その辺造り手によって、造り方が全く異なるものだなぁと、今回内装姉さん(83歳)と提携、及び引継ぎ時にTCカスタマなどを見ていて思うところがあった。

彼女はまず18x18のマス目をとり1F~3Fまでの
必要なスペース分を確保する作業から入っていた(えらい)
そこから肉付け・・・というのが難航している様子であった。

一方僕はというと、当初は監修予定で見ていたので僕ならこうかな?みたいな
漠然とした妄装していたのもあるのだが。

 
前生地で造り始めた際、面取りなど全くせずいきなり洞穴部分を作り出していた。
癒し空間も造らなければならないから、大凡の目測で↑の幅にしている。

注文も勿論なんとかしなければならないが、やはり見た目が全てという考えがあるのだろうか妄装してはいたが、ほぼその場のノリで造っている気がする。

故に、毎回小麦粉設計には時折重大なや欠点、製作者も気づいていない
落とし穴(文字通り)、滑落スポットなどが生まれてしまう。

それらは発見次第、都度修正されてゆくのだが、面白ければ仕様になったりする。

 
あと前回生地の滝①、②の画像を撮っていなかったので大雑把に作ってみた。

絨毯はひたすら積み重ねただけなのでここからグラデや装飾を加えなければ
なんか波打った青い壁である。色変えたい場合外してから染めてまた置かないといけないので非常に面倒(絨毯はデコツールで上げ下げできないので手作業になる)セキュアを食わないのが絨毯の美点である。

②の毛糸玉はロック後でも色が変えられる点だけは優しい。
それ以外は膨大なロック数を食うだろう。でもマイナスイオンは出る。

当初の予定では
設計・カスタマ  :内装お婆様(83歳) 
監修・アドバイザー:ぼく

という予定であったが、これを逆にして彼女にチェックしてもらうことに。
主に十分なスペースが確保できていなかったり、重大なミスの発見を手伝って貰う方向に。

彼女の冷静さに期待を寄せたい。

拍手

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ゆきぐにも
い、いやし、なんだな?
http://www.maitake.co.jp/select/moyashi.php
Posted by Lonar URL 2014.06.17 Tue 15:16 編集
無題
本来頭の堅い83歳は、カスタマは不向きなのかもしれない!
0(:3 )~ ('、3_ヽ)_
不甲斐ない83歳ですまない・・・(ぺこぺこ
Posted by が~ 2014.06.17 Tue 22:01 編集
いやし?
ゆきぐにいやし...じわじわ癒されたんだな。

83歳の年の功に期待しています。
Posted by Alize 2014.06.17 Tue 22:20 編集
  

忍者ブログ [PR]


PR