忍者ブログ
                            
桜のお仕事シリーズ

桜プレイヤータウン庭梅小町 http://niwaumekouji.blog.shinobi.jp/
その中で行われた「UO Books Only Event」にて
執筆された新刊・既刊、UOに存在するプレイヤー本を収蔵する
図書館、庭梅ブックセンター。(通称:庭梅図書館・ブクセン)
*SSは提供頂いたものを加工しております。
 
桜 マラス Luna南 庭梅小路 Book Center 全景

ひとめで図書館!と伝わるようなインパクトと図書館要素を考えた結果
屋上に開かれた巨大なゴザ製本、エンピツ型モニュメント、壁画ならぬ壁本。

ゴザ本の上にはイベントに入稿される方向けに各種カラー本ベンダー
こちらも出雲よりデザイナーを招いてベンダー装備を作られていました。

壁画ならぬ壁本はかなりお気に入り、夜になるとルーン文字が妖しく輝きます。


1F 内部 

近所の図書館を思い出したり、落ち着いて本が読める空間をイメージして作りました。これはまだできたばっかりの頃のSSで、本棚に本が入ってないな・・・(笑

司書ベンダーの受付、その隣にはイベント入賞作品を展示する棚が
日の当たる窓際には児童向けの絵本や勉強机、お絵かきコーナーなどがあります。


 吹き抜けからの2F


2Fにはよりゆったりと本を読んだり談笑したりできるよう、軽食や給湯設備を。
休みの日には編物教室が開かれたりするような雰囲気をイメージしました。
1、2F北の窓からは勿論、外に出ることができます。(小麦粉設計)


UO Books Only Event 優勝作品 「I am Swords」
エピローグ作品「I was Swords」


ゴザ本の有効活用(?)ということでイベント優勝者作品の舞台を本の上に再現できないか!?ということになり、優勝者Aiolite氏にエピローグを書いて頂き作成しました。

最後の主と共に眠る一つの剣のお話、鬱蒼とした夜の森の中、月明かりが物語の
登場人物達を照らすシーンをイメージしました。 これ、飛び出す絵本だ。
 
*頂き画像のため人物に強い修正が掛っています。


庭梅小路Blogの方にもイベントレポートやメイキングインタビューなどが
載ってますのでこの機会にイベント詳細や舞台裏を見たい方はそちらもどうぞ!

現在は専属司書さんが住んでおりゴザ本も変化しております。
虫嫌いの方は用心して近づきましょう。

拍手

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
昆虫やめてカニにしようぜ!(´゚ω゚`)
Posted by が~ 2014.06.05 Thu 15:02 編集
むしむし
カニはよくて虫はだめなの!
是非カニオブジェを完成させて欲しい。
Posted by Alize 2014.06.05 Thu 15:20 編集
無題
1Fの空間の使い方が絶妙!引きの内装のお手本そのものですね。
Posted by 2014.06.05 Thu 21:44 編集
無題
ありがとう!吹き抜けにしようと思ったから空間が限られてるというのもあるけど、高さを出せたらなーと思い、こんな幹事になりました。
Posted by Alize 2014.06.06 Fri 16:27 編集
  

忍者ブログ [PR]


PR