忍者ブログ
                            
イオドーン探訪、今回は恐竜崇拝を旨とする部族
Sakkhra(サックラー)族の部落訪ねました。
場所は谷の最北、恐竜の生息する沼地のすぐそばです。



原作である『Ultima Savage Empire』及び『ウルティマ恐竜帝国』では
Sakkhra族は恐竜人とでも言うような、言語を解する
リザードマンといった風貌でしたが、UOではどう導入されているのか


   Sakkhra族の部落 正面入り口 巨大な二柱の篝火と櫓が目を引く


 Cheiftan 男酋長       Warrior 男       Warrior 女

肌がものすげぇ緑と黒の人間でした。

酋長と戦士階級の人々は弓を得物にしているようです。
今回はメイジで来たので矢がわりと痛い(AR60程度で被ダメ20~30)

戦士級はタゲると動かなくなる(?)ようで、射程外から召還生物などで
楽に倒すことができました。恐竜人の名残なのか冷気属性がよく通ります


  湿地に生息する恐竜たちを模した人形の並ぶ・・・祭壇?(レア沸くのかな)


 Cheifness 女酋長     Shaman 男       Shaman 女

 酋長は相変らず肌が黒いですが、祈祷師はわりと肌色は人間っぽいです。

他のモンスター達が無詠唱で魔法を放ってくるのに対し、イオドーンの祈祷師達は
丁寧に呪文を詠唱します、最初にカースをかけてきたり、必死にコロッサスを
ディスペルしようとする姿を見ることができます。(他のもこうならないかな)

恐らく各部族はなんらかの新マスタリーを使うと踏んでいるのですが
Sakkhra族からは未だそれらしい動作を確認できていません。

しかし、部落全員が遠距離攻撃を持ち、それなりに数が多いので
余裕こいて部落をつっぱしると彼らの集中放火を浴びることでしょう(二死

戦闘時はなるべく彼らの射線を遮りながら冷気属性の武器や魔法で
戦うと有利に運べるかもしれません。


      なぜか農耕文化が導入されているSakkhara族


男酋長と女シャーマンの装備が全く一緒な気がして画像を取りに再訪問した。

拍手

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  

忍者ブログ [PR]


PR